PayPayとKyash、LINE Payでもゆうちょ銀からの不正預金引き出し発生

2020年9月16日 19:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ゆうちょ銀行でも不正預金引き出しが発生していた件で、「PayPay」「Kyash」「LINE Pay」でも不正な引き出しが発生していたことが判明した。なおKyashではイオン銀行で不正引き出しがあったと新たに発表している(ITmediaImpress WatchNHK)。

これに伴いゆうちょ銀行は新たに決済サービス8社との口座連携を停止すると発表した。追加で停止される事業者名は、PayPayに加えてLINEPay、ペイパル、支払秘書、楽天Edy、PayB、メルペイ、ゆめかであるとしている。停止されたこれら8社は2要素認証を未導入だったそうだ。

過去記事では被害の確定していなかったKyashもゆうちょ銀行において被害件数3件、合計で23万円の不正な引き出しがあったと判明した(ブレスリリース)。さらにKyashではイオン銀行の口座からも不正な引き出しがあったことが判明した。現時点では被害件数1件で被害額は30万円だとしている(ブレスリリースその2)。

LINE Payは9月16日に不正な取引の被害があったことを発表した。被害件数は2件で、被害総額は合計49万8000円だという。1件に関しては被害者の身近な人物からの引き出しであると判明しているとのこと。同社は午前9時ごろからゆうちょ銀行の口座登録や口座からの残高チャージ機能を停止している(LINE PayITmedia)。 

スラドのコメントを読む | YROセクション | 犯罪 | YRO | 海賊行為 | ニュース | お金

 関連ストーリー:
金融庁、不正預金引き出し問題で本人確認が不十分ならサービスを停止するよう要請 2020年09月16日
ゆうちょ銀行で「ドコモ口座」以外のサービスでも不正預金引き出しが発生 2020年09月15日
日本電子決済推進機構の「Bank Pay」、ドコモ口座問題と同じリスクがあるとして新規受け付けを停止 2020年09月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード楽天LINENHKLINE Payゆうちょ銀行PayPayメルペイ

関連記事

広告