寺門ジモンの初監督映画『フード・ラック!食運』NAOTOと土屋太鳳が初共演、“焼肉”から描く親子愛

2020年9月4日 08:46

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 寺門ジモンが初の監督を務める映画『フード・ラック!食運』が、2020年11月20日(金)より全国公開される。

■寺門ジモンの初監督作品

 “食通”で知られるダチョウ倶楽部・寺門ジモンが、初の監督作品『フード・ラック!食運』で描くのは、“本当の焼肉映画”。ジューシーな肉音や匂いが画面の外にまで溢れ出てくるような“焼肉の演技”を指揮した。

■“焼肉”を通して描く家族愛

 物語は、幻の人気焼肉店「根岸苑」に幕を開ける。夫に先立たれた安江がひとり切り盛りするこの店では、食とともに家族の笑顔も溢れていた。しかし、ある事件をきっかけに店は閉店。ひとり息子の良人は家を出てライターとして働いていた。そうしたなかで突如舞い込む、母の余命宣告。“本当の焼肉”の求めて取材をする良人は、かつての「根岸苑」の味、そして人とのつながりにふれていく......。

■EXILE NAOTOと土屋太鳳が初共演

 そうした“焼肉映画”で主人公の良人を演じるのは、自らも肉好きを公言するEXILE NAOTO。初共演となる土屋太鳳とともに、親子の愛と人生の悲喜を描きだす。

■主題歌にケツメイシの新曲「ヨクワラエ」

 映画の主題歌は、ケツメイシの新曲「ヨクワラエ」。寺門ジモンは、2016年にケツメイシがリリースした「友よ〜この先もずっと...」のMV中にダチョウ倶楽部として出演しており、4年ぶりのタッグが実現した。「ヨクワラエ」には、家族や友人との思い出や、そばにいる大切な人への感謝の気持ちを込めたといい、EXILE NAOTO演じる良人の気持ちに寄り添う楽曲となっている。

■ストーリー

 下町に店を構える人気焼肉店「根岸苑」をひとり切り盛りする母・安江。ひとり息子・良人にとって毎日の楽しみは、母の手料理を食べることだった。しかし、ある事件をきっかけに店は閉店。それから18年後、成長して家を出た良人は、売れないライターとして自堕落な生活を送っていた。

そうしたなか良人は、編集者の竹中静香とともに、“本物”だけを集めた グルメ情報サイトの立ち上げを任されることに。その最初のテーマは「焼肉」。仕事を引き受けたものの苦悩していた良人のもとに、疎遠になっていた母が倒れたとの報せが入る。“食運”を持つ奇跡の男が、“母の味”を求めて食の旅に出る──。

■作品概要

 映画『フード・ラック!食運』
公開日:2020年11月20日(金) 全国公開
原作・監督:寺門ジモン
脚本:本山久美子
出演:EXILE NAOTO、土屋太鳳、石黒賢、松尾諭、寺脇康文、白竜、東ちづる、矢柴俊博、筧美和子、大泉洋、大和田伸也、竜雷太、りょう
製作・配給:松竹株式会社

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード土屋太鳳大泉洋

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • クラウンアスリートG ReBORN PINK特別色モモタロウ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
 

広告

ピックアップ 注目ニュース