論文出版社、論文内のグラフなど引用した研究者らに使用量を要求

2020年8月27日 17:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 米国WileyやオランダSpringer-Natureと言った学術系出版社が、これらの出版社が刊行する論文誌に掲載された論文内のグラフを引用した論文の著者に対し「1枚1万円以上」の使用料を要求してきたという(論座)。

測定データなどは著作物とは認定されないため、一般的にはそれを元に作成されたグラフも特段の事情がない限りは著作物とはされないのが通例。また、論文の著作権を持つ組織が科学論文での引用を行う際に対価を求めないとしているのに対し、出版社側は使用料を要求しているというケースもあるという。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 著作権 | サイエンス | お金

 関連ストーリー:
コロナウイルス関連論文を読むために必要な費用が高いとしてそれら無断で共有する人たち 2020年02月06日
電子版学術誌の大幅な値上げにより大学図書館の図書購入が減少 2019年07月09日
学術論文出版社による反競争的行為の調査をEU競争総局に求める訴状が提出される 2018年11月13日
論文誌の購読料高騰を受け、研究者の間で論文の「違法シェア」が増加? 2015年11月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース