神奈川県相模原市のふるさと納税返礼品、約9割が東プレ製キーボードを希望

2020年8月21日 21:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

相模原市のふるさと納税では、返礼品としてPC用のキーボードが人気だという。市のふるさと納税の89パーセントがキーボード目当てらしい(TVKニュースiPhone Mania)。

このキーボードはPCユーザーならおなじみの「東プレ」製のもので、返礼品として登録されたのは今年の2月からだそうだ。およそ6万円から9万円の寄付が返礼品提供の対象となる。登録開始となった2月から7月末までの間でおよそ7300万円の寄付があったとのこと。

楽天ふるさと納税の神奈川県相模原市のページには、該当する東プレ製のキーボードが6製品登録されている。そのうちの二つはMac用となっている(楽天ふるさと納税)。

pongchang 曰く、 中央区に事業所がある自動車フレーム製造会社「東プレ」が製作しているもの(中略)2月から7月末までに市のふるさと納税の89パーセントにあたるおよそ7300万円の寄付があったということです。[tvkのニュース]

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 日本 | ハードウェア | お金

 関連ストーリー:
ふるさと納税、泉佐野市の逆転勝訴が確定 2020年07月03日
新型コロナに関するデマで店頭から一時的にトイレットペーパーが消える 2020年03月04日
ふるさと納税の泉佐野市除外、大阪高裁は合法と判断して市の請求を棄却 2020年02月03日
ふるさと納税返礼品のおせち料理、製造が間に合わず357セットが発送中止に 2020年01月05日
宇治市、観光アクションゲーム制作に向けクラウドファンディング/ふるさと納税で資金募集 2019年12月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード神奈川県ふるさと納税

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース