全国の“レア卵”が集結する「幻の卵屋さん」東京駅に、ユズの香る卵&真っ赤な黄身入りなど全40種類

2020年8月21日 08:53

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 日本全国のブランド卵が集結する「幻の卵屋さん」が、東京駅構内に初出店。期間は、2020年8月18日(火)から9月3日(木)まで。

 「幻の卵屋さん」は、日本たまごかけごはん研究所がプロデュースする、卵のアンテナショップ。

 最大の特徴となるのは、フレッシュな状態で仕入れた全国各地のブランド卵を、“1個単位”からパック詰めで購入できること。柚子が香る高知県産の「ゆずたま」や、ミシュラン店で数多く使用されている埼玉県産「室宝卵」、まるでケチャップのように“真っ赤な”黄身を持つ栃木県産「ハコニワファーム 茜」など、全40種類に及ぶ希少な卵が、期間中は日替わりで毎日10種類づつ展開される。

 また店頭には、卵かけご飯と相性抜群の醤油やトッピングも同時販売。たまごかけご飯を一番おいしく食べられる“黄金比”も、店頭にて伝授してくれるとのことだ。いつもとはワンランク上のこだわり卵で、プチ贅沢な食体験を楽しんでみてはいかがだろう。

【詳細】
「幻の卵屋さん」
期間:2020年8月18日(火)~9月3日(木)
営業時間:10:00~21:00
場所:東京駅構内 新幹線南乗り換え口 エキュート前

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードエキュート

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース