【株式市場】日経平均は後場一段と強含み3日ぶりに反発、主力株の一角が持ち直す

2020年8月19日 16:00

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均は2万3110円61銭(59円53銭高)、TOPIXは1613.73ポイント(2.88ポイント高)、出来高概算(東証1部)は9億1533万株

 8月19日(水)後場の東京株式市場は、日本航空<9201>(東1)が一段とジリ高基調になり、トヨタ自動車<7203>(東1)も一気に堅調転換し底堅く推移。日経平均は後場寄り後に前場の高値を上回り98円77銭高(2万3149円85銭)まで上げた。一方、ソニー<6758>(東1)は再びジリ安など重い銘柄もあり、日経平均は一進一退を続け、大引けは3日ぶりに反発した。

 後場は、テモナ<3985>(東1)が9月決算への期待などで一段高。アイモバイル<6535>(東1)はふるさと納税事業で類似するチェンジ<3962>(東1)の5日続伸先行高を受けて出遅れ感とされて一段高。クシム<2345>(東2)はCAICA<2315>(JQS)グループ企業との製品連携が材料視されて中盤一段高。GNIグループ<2160>(東マ)は引き続き肝繊維症治療剤に関する発表が材料視され2日連続ストップ高。KeyHolder<4712>(JQS)はグループ事業のアイドル集団「SKE48」の須田亜香里が昨夜のテレビ番組で上京一人暮らしを実演し好感度アップとされて出直り拡大。

 東証1部の出来高概算は9億1533万株(前引けは4億4318万株)、売買代金は1兆6966億円(同8270億円)。1部上場2173銘柄のうち、値上がり銘柄数は1115(前引けは917)銘柄、値下がり銘柄数は954(同1107)銘柄。

 また、東証33業種別指数は22業種(前引けは17業種)が値上がりし、値上がり率上位は、不動産、その他金融、空運、ゴム製品、陸運、鉄鋼、情報/通信、証券/商品先物、小売り、保険、その他製品、などとなった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】タカラレーベンは反落も3Q好決算を手掛かりにバリュー株買いの再燃が有望(2020/01/31)
【株式評論家の視点】リックソフトは今2月期第3四半期業績は順調、日柄調整が進むか注目(2020/01/23)
【編集長の視点】CRGHDは2期ぶり最高業績を1Q決算で確認期待を高め3連騰(2020/02/05)
マクアケは20年9月期大幅増収増益予想で1Q順調(2020/02/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事