Dスタンダード 急落、第1四半期2ケタ減益決算をマイナス視

2020年8月14日 13:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:15JST Dスタンダード---急落、第1四半期2ケタ減益決算をマイナス視
Dスタンダード<3925>は急落。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は1.8億円で前年同期比28.4%減益になっている。前期まで収益の急成長が続いていたほか、通期予想の12.5億円、前期比13.5%増との比較でも進捗率が低く、想定外の低調スタートと捉えられる形に。既存・新規サービスともに順調に受託は拡大中であるが、インフラ環境強化に伴う外注費を中心とした売上原価の大幅な増加、人員増強に伴う人件費など販管費の増加が減益決算の要因。《US》

関連記事

広告