国際 RSS

 

ベイルートで起きた大爆発、米軍の通常爆弾最強のMOABを超える威力

2020年8月13日 17:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

4日に発生したベイルート大爆発の原因は、農業用肥料や爆薬の原料として使われる硝酸アンモニウムが不適切に、しかも一カ所にまとめて保管されていたために起きたものだという。爆発現場の港湾倉庫には2750トンの硝酸アンモニウムが6年という長期にわたって保管されていた。この硝酸アンモニウムの所有者は不明であるという。硝酸アンモニウムが爆発した原因ははっきりしていないが、港湾倉庫の火災が原因である可能性があるようだ(Business InsiderWIREDReutersAFP)。

Business Insiderの報道によれば、その破壊力は、米国の所有する通常兵器としては最大の破壊力を持つMOAB(全ての爆弾の母)よりもはるかに強力なものだったとされている。AFPの報道によれば、事故によってできたクレーターの深さは43メートルに達しているという。

実際にどれくらいの破壊力があったかは、報じているメディアや推定している研究者によってまちまちだ。先のBusiness Insiderの記事では、カリフォルニア州にあるミドルベリー国際問題研究所の試算を載せており、それによればTNT火薬換算で200トンから500トン相当としている。WIREDに掲載されているシェフィールド大学の衝撃・衝突力学研究グループの試算では、TNT火薬換算で約1000~1500トンに相当するとしている。

両方の試算には大きな差はあるものの、MOABのTNT換算威力は約10トンほどとされており、いずれにしても、これを大きく超える桁違いの威力だったことが分かる。この結果、現地では25万から30万の人が家を喪失し、その結果内閣が総辞職する事態となっている(NHK)。 

スラドのコメントを読む | 政治 | 地震

 関連ストーリー:
レバノンの首都ベイルートで大規模な爆発が発生 2020年08月05日
カルロス・ゴーン逃亡事件、逃走支援者の給与支払いはビットコイン 2020年07月28日
米ニューハンプシャー州、プログラミング言語BASICの創造を記念する歴史案内板を設置 2019年06月19日
無線LANよりもキャリアの3G/LTE回線の方が高速という国は少なくない 2018年11月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード米軍

関連記事

広告