三井金属は第2四半期の業績予想の増額が好感され一段高

2020年8月11日 09:53

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■金属市況の上昇や原価低減の推進などで

 三井金属<5706>(東1)は8月11日、一段高となり、取引開始後に15%高の2690円(356円高)まで上げて戻り高値を大きく更新した。8月7日の取引終了後、第1四半期決算と第2四半期連結業績予想の増額修正を発表。改めて注目されている。

 第2四半期の連結業績予想(2020年4~9月、累計)を、営業利益は従来予想の5億円から25億円の見込みに引き上げ、親会社株主に帰属する純利益は同じく82%引き上げて100億円の見込みに引き上げた。第1四半期決算で特別利益として投資有価証券売却益136億円などを計上したほか、金属価格が想定を上回って推移していること、受取配当金の増加に加え、自動車部品セグメントの更なる原価低減を要因とした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事