伊豆シャボテン動物公園、世界最高齢のハシビロコウが大往生

2020年8月10日 07:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 伊豆シャボテン動物公園のハシビロコウ「ビル」が6日、死んだそうだ(プレスリリース共同通信の記事)。

1981年に伊豆シャボテン動物公園に来園したビルの推定年齢は50歳以上であり、ハシビロコウとしては世界最高齢。ハシビロコウはほとんど動かない鳥としても知られており、ビルは「長老」「ビルじいさん」などの愛称で親しまれていた。死因は老衰とみられる。

 ビルが来日したのは1971年。1981年に伊豆シャボテン動物公園に来園して以来、39年にわたって広いバードパラダイスと自室を行き来しながら園内を見守り続けていたという。人間の年齢に換算すれば100歳以上と推定され、その堂々とした佇まいは誰もが一目置くような威厳のある存在だったとのこと(伊豆シャボテン公園のニュース記事)。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 日本 | サイエンス | idle

 関連ストーリー:
国内最高齢のアジアゾウ「はな子」死去 2016年06月01日
世界最高齢のウナギが死亡、享年155 2014年08月12日
世界最高齢のハマグリは507歳だった 2013年11月19日
あなたは何歳くらいまで生きていたい? 2012年08月29日
地中海にて 20 万歳の海草見つかる。世界最高齢記録を更新。 2012年02月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告