世界一のパン職人によるベーカリー「コム・ン」東京・奥沢に、世界大会優勝のクロワッサンなど100種以上

2020年8月7日 18:12

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 パンの世界大会にて日本人初の優勝を果たした大澤秀一が手掛けるベーカリー「コム・ン(Comme'N)」が、2020年8月19日(水)に東京・奥沢にオープンする。

■世界大会優勝のパン職人手掛けるベーカリーが東京・奥沢に

 「コム・ン」を手掛ける大澤秀一は、2019年に開催されたパンの世界大会「モンデュアル・デュ・パン(MONDIAL DU PAIN)」にて、日本人初の優勝を成し遂げたパン職人だ。

高校卒業と同時にパン職人としてのキャリアをスタートし、神戸のベーカリー「サ・マーシュ」などで経験を積んだ後、故郷である群馬・高崎のコーヒー店駐車場内に小さなプレハブ小屋のベーカリー「コム・ン」をオープン。以降、水・粉などかたちのないものに輪郭をつけていくパンづくりを「自らの生き方を表現できる唯一の方法」とし、着実に実績を積み重ねてきた。

■大会優勝のクロワッサンなど日替わりパンが常時100種以上

 東京・奥沢にオープンする「コム・ン」では、優勝した世界大会で実際に披露したクロワッサンや、もっちりしっとりと仕上げた食パンなど、日によって異なる焼きたてのパンが常時100種類以上ラインナップ。バケットサンドは、兵庫県芦屋にある「メツゲライクスダ」のハムやウィンナーと、こだわりの国産バターを合わせている。

 また、フレンチ出身のシェフによるメニューも用意。大澤秀一が焼き上げたパンにシェフが調理した素材を組み合わせたサンドウィッチは、フレンチ仕様の本格的な味わいだ。

■オープン記念の限定トートバッグも

 オープンを記念し、「コム・ン」が世界に認められるまでの軌跡を描いたオリジナルのトートバックを限定発売。気になる人はぜひ店頭に足を運んでみて。

【詳細】
コム・ン
オープン日:2020年8月19日(水)
場所:東京都世田谷区奥沢7丁目18−5 1F
営業時間:7:00~18:00(定休日 火・水曜)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース