ナナミカ、2020-21年秋冬コレクション発表 快適な機能性に天然繊維の心地良さを加えて

2020年8月5日 19:21

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ナナミカ(nanamica)の、2020-21年秋冬コレクションを紹介。

■天然繊維と機能素材のハイブリッドで“心”を満たす

 今季のナナミカが重視したのは「心を満たすライフテック ウエア」。機能素材を駆使して、防水・防風性や透湿性などに優れた快適な衣服を発信し続けてきたナナミカ。今季は、快適さに加え“心地良さ”をプラスするため、自然素材ならではの心地よい肌ざわりを積極的に取り入れた。先端の機能素材と天然繊維の長所を活かしたハイブリッドな素材のウェアを、ナナミカらしく洗練されたクリーンなデザインで展開する。

■自然を感じるモスグリーンをベーシックカラーにプラス

 カラーパレットは、ネイビー、ブラック、ベージュ、グレーといった定番色に、シーズンカラーのモスグリーンをプラスした色彩がメイン。表情豊かなモスグリーンは、ダウンコートやジャケット、シャツ、Tシャツ、パンツなどに用いられ、海岸で見られる岩苔のような、自然を思わせる要素をプラスする。

■上品な光沢のコットンツイル×ゴアテックスのコート

 注目したいのは、コットンツイルのゴアテックスコート。高密度のコットンツイルを2レイヤーのゴアテックス ファブリクス(GORE-TEX Fabrics)に加工し、ゆったりとしたAラインのエレガントなステンカラーコートに仕立てた。ハリと上品な光沢感を備えたコットン素材の質感を楽しめる一方で、防水透湿性にも優れているのが魅力。裏地には吸汗速乾性のあるナナミカのチェック地を採用し、快適な機能性とともにデザインのアクセントも加えている。

■吸放湿性に優れたメリノウールを活かした新素材ジャケットやパンツ

 新ハイブリッド素材「ブレスチューン(BREATH TUNE)」も、目を引くトピックス。表側にはナイロン・ポリウレタンを採用し、裏地に高い吸放湿性を誇るオーストラリアンメリノウールを組み合わせることで、汗を効率良く逃すとともに、環境に応じて断熱・保温効果を発揮。シーズンを選ばずに着ることができる。

 風合い豊かで心地良い着用感のテーラードジャケットが登場する他、米軍のM-43 HBT ジャケットをモチーフにした、アクティブなポケット付きのジャケットやクロップドパンツも揃える。

■麻世妙コラボの軽やかなツイード調コートやジャケット

 また、2020年春夏コレクションに続き、日本古来から伝わる大麻布を現代技術でアップデートしていくファブリックブランド「麻世妙(majotae)」とコラボレーション。大麻糸を使用したツイード調の表面に、ポリエステル組織を裏面にして織り上げたダブルフェイス生地で仕立てたフード付きコートが登場する。肉厚な見た目とは裏腹に軽く柔らかい質感で、程よいハリと滑らかさが上品さを演出する。同じ素材で、ワイドパンツやカバーオールジャケットも展開される。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションオーストラリアナナミカ(nanamica)2020年春夏コレクション

関連記事

広告

財経アクセスランキング