ヨシオクボ、2021年春夏コレクション発表 日本の伝統にモダンなアプローチを

2020年8月5日 19:22

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ヨシオクボ(yoshiokubo)の2021年春夏コレクションが発表された。

■”日本文化”をキーワードに

 今季のコレクションのテーマは、明確に定めていないが、ブランドや、デザイナー久保嘉男のクリエイティビティのルーツを探ることで「日本の文化」というキーワードに辿り着いた。

■現代を生きる忍者

 日本の文化を辿る中で、まず着目したのは「忍び」。忍者から着想を得た服は、細かなアプローチで現代風なスタイルに落とし込んだ。忍者の装束は、ラペル付きの襟元と、胸元の大きなポケットで、ジャケットへと変化している。インナーにシャツを合わせることで、和洋折衷の風を吹かせる。

■和を取り入れたスタイリッシュな着こなし

 ブラックのブルゾンは、襟高のフードに大きな布を取り付け、顔を覆う仕組みに。歌舞伎などの裏方に徹する”黒子”を意識したデザインだ。シンプル且つスタイリッシュにまとめた、黒一色の中には、メッシュ素材などをドッキングし、パンツはレイヤード風にまとめ、モダンな装いに仕上げた。

■”結ぶ”動作に着目

 また、日本の和装に欠かせない「結ぶ」ことも多数取り入れられる。"THINK BEFORE WEAR"と描かれた1枚の布は、ただスカーフのように巻くのではなく、そのメッセージの通り、考えることが必要。実は、身体に結びつけることで立体的な鞄へと変化するのだ。また、シルエットに変化をもたらすアイテムでもあり、オーバーサイズのシャツに巻き付ければ、体躯に馴染む美しいフォルムを形成する。

■大胆な和シャツ

 コレクションの中で、一際視線を奪われるのは、鳳凰が描かれたアイテムだ。伊藤若冲の鳳凰にインスパイアされたパターンは、大胆なデザインでありながら、シンプルなカラーパレットで仕上げられた。首に掛けた”お守り”モチーフのカードケースも、スタイリングのアクセントになる。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードヨシオクボ(yoshiokubo)2021年春夏コレクション

関連記事

広告