ライフ RSS

 

Twitterで英語学習、3人の魅力的なインフルエンサー

2020年8月5日 08:03

小

中

大

印刷

(c) 123rf

(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 ニュースや流行がわかるTwitterには、最新の英語情報があふれている。誰がどのような英語に関するツイートをしているのだろうか。ビジネスパーソンにおすすめな3人の魅力的なインフルエンサーを紹介する。

【こちらも】社会人の英語学習にはTwitter活用がおすすめ! 人気アカウント3選も紹介

■ロッシェル・カップ

 実業家・会社経営者で、グローバルビジネスプログラムを教える北九州市立大学の教授。リーダーシップ、組織行動、経営戦略、ビジネス英語を担当。また新聞への寄稿も多く、朝日新聞や日経産業新聞などに連載中。さらに著書多数で『英語の品格』『反省しないアメリカ人を扱う方法』などがある。

 異文化コミュニケーションに特化した経営コンサルタント。人事管理、リーダーシップ、経営戦略などを専門とした会社を設立した経営者である。世界で展開する日本企業や、日本へ進出したい海外企業へコンサルタントを行う。

 日本語が堪能で日米の文化に造詣が深い。ツイートは日米のビジネス、英語学習、最新海外ニュース、文化についてなどジャンルの幅広さが特徴。一流経営者ならではの最前線のニュースや考察のツイートが興味深い。「#泣いちゃう英語」で残念な英語をツイートしている。

■キンタローLAエンジニア

 アメリカ駐在のビジネスパーソン。世界10カ国勤務。「#キンタ英語」をつけて、実用的な英語表現を次々とツイートしている。リアルな英語を学べるのが魅力だ。アメリカ駐在員ならではの現地のビジネス情報も興味深い。

 大学に入学してから英語学習を開始し、入社後もすき間時間を活用し英語を身につけた、努力と行動力の人。外国で働く多くの日本人に人気があり、フォロワー数3万人を誇る。フォロワーも「#キンタ英語」をつけて使える英語表現を投稿しており、各国の英語表現があふれている。

 実際に使われるビジネス英語、日常表現、ネイティブが本当に使う英語、注意したい言回し、新しい英単語や熟語も紹介している。使える英語ツイートがすこぶる有益。また「今からでもがんばって英語を勉強すればビジネスで有利である」と学習者のモチベーションを上げている。

■マホ@カリスマ英語コーチ

 英語教室を16年運営中の「教えるプロ」。英語発音を得意とし「#マホの発音講座」でツイート中。はっきりとわかりやすい英語発音が魅力。日本語的な発音とネイティブ発音の違いは参考になる。動画ツイートはサクッと学べる2分弱で、手軽に学習できる。また、実用日常表現もすぐ使いたくなる内容。

 以上がおすすめ英語情報のインフルエンサー3名である。ツイートはいずれも無料とは思えないレベル。どこでもすぐに見られるTwitterを英語学習に役立ててはいかがだろうか。(記事:鵜飼圭・記事一覧を見る

関連キーワードTwitter

関連記事

広告