AIは進化するごとに必要な計算量増加、処理能力の限界で頭打ちか

2020年8月3日 08:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

AIや機械学習を使った技術の発展は著しいが、あまりにも必要な処理能力が多すぎて、発展は頭打ちになるのではないかという予測があるようだ(WIRED)。

欧州のある大規模スーパーマーケットチェーンは、AIと顧客の購入する商品の傾向、天候や交通情報などのデータを使用して入荷する商品を選択し、在庫管理を行う手法をとっていた。結果、製品の廃棄率などを大幅に削減することに成功したという。

しかし、導入したアルゴリズムは計算量があまりに多く、システムの維持コストが増えすぎた結果、導入を中断したという。クラウドコンピューティングのコストが下がるか、アルゴリズムの効率が大幅に改善するかしない限りは導入はできないという決断になったようだ。同様の問題は、あちこちで指摘されるようになっており、AI研究者は計算リソース不足の影響を感じ始めているとしている。 

スラドのコメントを読む | 人工知能

 関連ストーリー:
45%という傾斜でも登れる芝刈りロボット。番犬機能込み 2020年07月22日
ヤフー、AIを使った不適切な投稿のフィルタリングを強化 2020年06月05日
BMWグループ、AIを工場に導入して塗装品質向上へ 2020年05月29日
NVIDIA Research、ゲームのルールを学習したAIによるゲームの自動生成手法を使ってパックマンの自動生成に成功 2020年05月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)

関連記事

広告

広告