JSPは21年3月期1Q減収減益だが、2Q累計予想を上方修正

2020年8月2日 11:01

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 JSP<7942>(東1)は7月31日の取引時間終了後に21年3月期第1四半期の連結業績を発表した。新型コロナウイルスによる経済収縮の影響で減収減益だった。ただし需要が想定より早期に回復軌道に乗り始めているため、第2四半期累計予想を上方修正した。株価は安値圏でモミ合う形だが、上方修正を好感して出直りの動きを強めそうだ。

■21年3月期1Q減収減益だが、2Q累計予想を上方修正

 21年3月期第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比10.5%減の248億15百万円、営業利益が7.0%減の9億16百万円、経常利益が17.8%減の8億32百万円、純利益が33.4%減の5億42百万円だった。

 新型コロナウイルスに伴う巣ごもり需要で食品分野の一部製品が増加したが、全体としては世界的な経済収縮の影響を受けて減収減益だった。

 ただし経済活動再開で、国内では食品容器用などが比較的好調に推移し、海外では自動車用発泡ポリプロピレン「ピーブロック」の需要が想定より早期に回復軌道に乗り始めているため、第2四半期累計予想を上方修正(営業利益予想は期初の1億円の赤字予想から12億円の黒字予想に上方修正)した。

 通期予想については、下期の需要回復ペースを保守的に見直したため、売上高を下方修正し、営業利益の上方修正(期初の30億円予想から32億円予想に上方修正)も小幅にとどめたが、再上振れ余地がありそうだ。

■株価は出直りの動き期待

 株価は反発力が鈍く安値圏でモミ合う形だが、上方修正を好感して出直りの動きを強めそうだ。7月31日の終値は1368円、時価総額は約430億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
アールシーコアは売り一巡、21年3月期収益改善期待(2020/02/07)
パイプドHDは上値試す、20年2月期大幅増益予想(2020/02/07)
ピックルスコーポレーションは上値試す、20年2月期大幅増益予想(2020/02/07)
NATTY SWANKYは上値試す、20年6月期大幅増益予想で2Q累計順調(2020/02/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告