BMW、車両予約できる「BMWオンライン・ストア」オープン 限定車種も

2020年8月1日 13:40

小

中

大

印刷

 ビー・エム・ダブリューは7月30日、オンライン上でBMWの車両購入までを行えるサービス「BMWオンライン・ストア」をオープンした。

【こちらも】BMW・8シリーズにブラック&ゴールドの特別モデル 限定3台

■BMWオンライン・ストアの概要

 BMWオンライン・ストアでは、車種の選択から契約、予約金の支払いまでをオンライン上で完結できるシステムだ。申込金をクレジット決済することで、車両の在庫確保ができる。

 販売対象車種は現在日本で販売されている全車種で、今後はBMWオンライン・ストアのみで購入できる限定モデルなども追加される。契約時の署名などに関しては郵送も可能だが、メールでも可能となっている。

■BMWオンライン・ストアをオープンするまでの経緯

 日本自動車輸入組合(JAIA)によると、近年の輸入車登録台数は増加傾向にあり、昨年の年間販売台数は29万9,439台と史上5番目の高水準であった。

 要因としては、さまざまな先進技術やコネクティッド技術が国産車よりも進んでいる場合や、ラインアップの拡充が図られたことでユーザーの購入への選択肢が増えたこと、などが推測されている。

 BMWでも、公式ホームページへのアクセス数は前年比約120%と大きく伸びており、オンライン上での販売を検討してきた。さらにここ最近のコロナウイルスによる生活スタイルの変化により、オンライン上で物品、食品などを購入する機会がより増えたことで、BMWもオンライン上で販売するシステムを構築し今回のオープンに至った。

■BMWオンライン・ストアの4ステップ

 BMWオンライン・ストアで車両を購入するためには、主に4つのステップを踏むことになるので、順を追って説明をしていく。今回は参考ということでラインアップの中でも最安値である1シリーズのBMW 118iを例として記載をする。

1、グレードの選択
 1シリーズを選択すると、各グレード別の車両ページが開かれる。そこでBMW 118iを選ぶ。
 エクステリアで「アルピン・ホワイト」、インテリアで「クロス・グリッド:アンソラジット」とベースとなる情報を決めると、「確認」や「オプション追加」ボタンが表示される。「確認」を選択すると選択した情報を表示する「マイ・コンフィギュレーター」のページへと移動する。

2、My BMWへの登録
 「マイ・コンフィギュレーター」で表示された情報は、マイページとなる「My BMW」へと保存される。複数の情報が保存可能なため、比較もできる。その後、「My BMW」から近隣のディーラーを選択し、見積の依頼や試乗、予約金の支払いまで進める。ディーラーを選択するとマップ上に複数のディーラーが表示されるので、ユーザーにあったディーラーを選ぶことも可能だ。

3、見積・予約申込
 2で選択したディーラーの担当者とチャットにて購入の相談や見積の提示といった個別の商談ができる。

4、予約
 「My BMW」を介し、クレジット決済を行うことで予約(在庫確保)を行うことができる。先にも述べたが、署名は郵送もしくはメールでも可能だ。その後、ディーラーとの契約を行い、納車となる。納車に関してはデリバリーアプリケーションを使用し、要望に合った最適なメソッドで行われる。

 なお、不明点については補助サービスである「BMWオンライン・ストア・ジーニアス」が質問に沿って回答をしてくれる。

 既にBMWオンライン・ストアでは国内限定10台販売の「BMW M2 EDITION DESIGNED BY FUTURA 2000」のうち3台や、国内限定1台の「BMW M850i xDrive Edition Golden Thunder」を販売している。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワードBMW

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • Mazda3 2.5 Turbo(画像: 北米マツダの発表資料より)
  • 名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース