自動車での幼児置き去りを防止する機能が開発中 2022年頃から試験開始

2020年7月31日 09:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 夏になると車内に子供を置き去りにして、死亡事故を引き起こす事例が毎年発生しているが、これを防ぐための技術が開発されているそうだ。自動車各社ともに2022年をめどに導入を検討しているという(日経新聞)。

この2022年という具体的な理由としては、欧州の自動車アセスメントEuroNCAPに「幼児置き去り検知」が試験項目に追加されるようになるためだそうだ。仮に出ている測定基準としては、後席にチャイルドシートを設置しそこに幼児ダミーを寝かせる。幼児ダミーには毛布をかぶせる。この状態で運転者が数分間離れた場合、システム的な警告を行うといったものであるようだ。

実現の手法としては、60GHz帯のミリ波レーダーによる検知の採用が検討されているという。カメラや超音波センサーの場合、寝ているなどの動きのない場合などの検出に問題が出るためだとしている。また他の周波数帯は各国の利用条件をクリアできないようだ。

とはいえ、幼児置き去り検知のためだけにハードウェアを搭載するとコスト的に割が合わなくなる。このため、自動車メーカーは複数の機能をまとめたマルチファンクション化を検討しているとしている。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 日本 | セキュリティ | EU | idle | 交通

 関連ストーリー:
店舗などで使用 「飛まつ防止シート」 消防が火災の注意喚起 2020年06月01日
視点検出技術を使った認知能力検査技術が開発される 2020年02月22日
横断歩道を12度ほど斜めにすると事故件数が少なくなる傾向がある 2019年09月10日
運作ミスによる事故防止のため、車の発進時トルク制限やドライバーの脚力検査を実施すべきという提言 2019年07月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告