コロナワクチンによる需要増でカブトガニの生態系に危機

2020年7月17日 18:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でカブトガニに危機が訪れているという。

製薬会社にとって、カブトガニの青白い血液から得られるライセート試薬が、内毒素を調べることのできるただ一つの天然資源であるためだ。製薬会社は毎年およそ50万匹のアメリカカブトガニを捕獲、血液を採取したのち海に返していた。しかし、血を抜かれた多くの個体はそのまま死亡してしまう(ナショナルジオグラフィック日本版)。

デラウェア湾では1990年時点で、124万匹が産卵していると推定されていたが、2019年の調査では推定33万5211匹だという。2002年以降の個体数は安定しているが、増加する傾向にはないという。

2016年にはライセートに代わる合成物質リコンビナントC因子(rFC)が開発されているが、米国薬局方(USP)ではrFCをライセートと同等に扱うことを認めていない。このため、米国での新型コロナワクチンを販売する場合、ライセートが必要不可欠だ。しかし、保護活動家たちは需要増でカブトガニのみならず、カブトガニを必要とする他の生態系そのものが危険にさらされかねないとしている。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | ニュース | スラッシュバック | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
ウミガメが海洋プラスチックごみに付着した微生物や藻類の匂いを食べ物の匂いと誤認している可能性 2020年03月15日
海洋酸性化はサメに影響を与える 2019年12月26日
ブラジル熱帯雨林はこのままだと2021年には修復不可能になるという報告書が発表される 2019年10月28日
細菌と放射線で「ヒトスジシマ蚊を根絶」する実験、生態系へのリスクはないのか 2019年08月03日
カブトガニはクモ綱のクツコムシ目に近い? 2019年03月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ新型コロナウイルス

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース