米Amazon、実店舗用スマートショッピングカート「Amazon Dash Cart」発表

2020年7月17日 18:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Amazonは14日、実店舗での買い物に使用するスマートショッピングカート「Amazon Dash Cart」を発表した(Dash Cart紹介ページGeekWireの記事The Vergeの記事SlashGearの記事)。

Dash Cartはタッチスクリーンディスプレイやバーコードスキャナーを搭載し、AmazonアプリのQRコードをスキャンしてサインインすれば買い物を開始できる。クーポンもスキャンするだけで適用されるという。カートに入れた商品はコンピュータービジョンアルゴリズムとセンサーフュージョンで識別するとのことだが、動画によると基本的にはバーコードを用い、バーコードのない商品は手入力が必要になるようだ。

あとは専用レーンを通って店から出れば自動で精算が行われ、電子メールでレシートが届くとのこと。カートにサインインしているため、専用レーンを通過するまでは目を離すと危険そうだ。

Dash Cartは年内にカリフォルニア州ウッドランドヒルズにあるAmazonのグローサリーストアで利用可能になるとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | ビジネス | 人工知能 | IT | お金

 関連ストーリー:
間違い電話に悩む老舗喫茶店「コーヒーショップ アマゾン」、Amazon社員が直接謝罪へ 2020年07月14日
米Amazon、偽物対策専門ユニットを設立 2020年06月27日
Amazon Echo、日本語版が発表される 2017年11月09日
米Amazon、米食料品小売りホールフーズを買収へ 2017年06月20日
Amazon、会計不要のコンビニ「Amazon Go」を発表 2016年12月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAmazon

関連記事

広告