ディガウェル 2020年秋冬コレクション - 穏やかに、秋の彩りに揺らめくトラッド

2020年7月14日 18:50

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ディガウェル(DIGAWEL)の2020年秋冬コレクションが発表された。

■トラッドをカジュアルに、穏やかに

 今季のディガウェルは、1990年代のストリートスタイルや、フレンチトラッドが着想源。カジュアルさをベースとしながらも上品さを漂わせるウェアは、ブラウンやマスタードイエロー、オレンジといった秋冬らしい色彩を基調とした温もりのある雰囲気に覆われている。

■トラッドを基調に

 ゴールドカラーのボタンをあしらったブレザーは着丈を長く設定し、トラッドなアイテムながらもリラックス感を演出。また、テーラードジャケットや温かみのある素材で仕立てたコーチジャケットをはじめ、ほどよい抜け感が漂うセットアップも用意した。

 一方、ロング丈のマウンテンパーカーは、ジェイプレス(J.PRESS)とのコラボレーションレーベル「クレスト(CRST)」から。ジェイプレスの基盤をなす、トラッドなテイストとシルエットを踏襲し、鮮やかでありつつも温かみを感じさせるカラーで、ニュアンスに富んだアイテムにアレンジした。

■チェックやチェーンなどの豊富な柄

 コレクションを彩る柄の豊富さも今季の特色だ。モヘアニットにはアーガイルチェックを、オーバーサイズのスラックスにはタータンチェックをあしらうなど、チェック柄が数多く取り入れられた。また、波のように揺らめくチェーンとチェリーのプリントは、リラックス感のあるクルーネックニット、クラシカルな面影を残すシャツに大胆に使われたほか、テーラードジャケットのライニングにも忍ばせ、上品なセットアップスタイルに彩りを添えている。

■初のダウンジャケットはエフシーイーとのコラボ

 ディガウェル初となるダウンジャケットは、エフシーイー(F/CE.)とのコラボレーションによるもの。リサイクルナイロンを使用したリバーシブル仕様のこのダウンは、上品なオリーブやマスタードのカラーで仕上げられた。

また、エフシーイーとヤーモ(YARMO)のトリプルネームによるウェアも。ボイラースーツやワンピースは、ほどよくゆったりとしたシルエットでワークテイストに仕上げつつも、淡いブルーで上品な雰囲気に。ウエストから垂れ下がるコードも、デザインにほどよいアクセントを生んでいる。

■パンツの端正なシルエット

 パンツの端正なシルエットにも注目したい。センタープレスに沿ってすとんとなめらかに落ちるシルエット、そして裾のあたりでワンクッションを置いたほどよいボリューム感。光沢感のあるさらりとしたスラックスや、温かみのあるウールのパンツなどは、素材感とシルエットを活かして、タックインで着こなすのも良いだろう。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションディガウェル(DIGAWEL)2020年秋冬コレクション

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース