国際 RSS

 

イランの核施設で火災が発生 サイバー攻撃が行われた可能性も

2020年7月7日 19:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 イラン政府は2日、同国のナタンズにある核施設で「事故」が起きたと発表した。イラン政府は事故がサイバー攻撃によって起きた可能性があると指摘、場合によっては報復を行うと表明している(AFPBB NewsロイターCNNBreaking Defense)。

今回、事故が起きたのは核施設内の倉庫とされているが、国際原子力機関(IAEA)によれば、この倉庫内には核物質はなく、汚染の恐れもないと発表している。イランの原子力庁が公開した写真では建物の屋根と壁の一部が焼け、火災と爆発が起きた可能性があるとされる。

発表では、サイバー攻撃の根拠や具体的な内容には触れられていない。ただ、こうした発言の背景には、2010年にイスラエルと米国によって計画されていたマルウェア「Stuxnet」を使った攻撃計画が念頭にあったものと思われる(過去記事)。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 海賊行為 | 電力 | 原子力

 関連ストーリー:
ホンダでサイバー攻撃が発生か。リモート勤務ができないので有給推奨 2020年06月12日
利用サービスで情報漏洩が発生しても、パスワードを変えるユーザーは3分の1程度 2020年06月05日
マウスコンピュータ、サイバー攻撃でメールアカウント情報が盗まれフィッシングメール送信に悪用される 2020年05月20日
ロシア、クリミア紛争で電子・サイバー・火力を組み合わせた作戦を展開 2020年05月16日
米国はマルウェア「Stuxnet」でイランに深刻なダメージを与えようとしていた 2016年07月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマルウェアイスラエルサイバー攻撃

関連記事