カリフォルニア発スムージー専門店「ジャンバ」日本初上陸、渋谷「ミヤシタパーク」に

2020年7月6日 09:01

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 カリフォルニア発スムージー・ジュース専門店「ジャンバ(Jamba)」が日本初上陸。期間限定店舗を、新複合施設「ミヤシタパーク」に2020年8月4日(火)オープンする。

■スムージー専門店「ジャンバ」とは?

 「ジャンバ」は、アメリカ全土に店舗を展開し、韓国やフィリピン、台湾、タイ、インドネシアなど全世界875店舗を展開するスムージー・ジュース専門店。

「ジャンバ」の看板メニューであるスムージーは、フローズンの果物・野菜、濃縮100%ジュースや栄養素を使用し、人工甘味料や合成着色料不使用のナチュラルでフレッシュな味わいが魅力。注文を受けてからその場で作って提供されるため、できたてを楽しめる。

■「ジャンバ ミヤシタパーク」スムージーメニュー

 日本初上陸となる「ジャンバ ミヤシタパーク」では、全6種のスムージーを展開。いずれもフレッシュなフルーツやこだわり素材を使ったヘルシーな味わいが特徴だ。

■ソライロ・コージー

 日本限定メニューとなる「ソライロ・コージ―」は要チェック。“居心地の良い”という意味を持つ“COZY”と隠し味に使った“塩こうじ”から名づけられた真っ青な一杯は、スーパーフードの王様とも言われる食用品天然着色料“スピルリナ・ブルー”で色付けされたものだ。

パッションフルーツベースのジュースとフローズンバナナ、酸味のあるパイナップルシャーベットを組み合わせ、すっきりとした甘みに。さらに、アクセントの“塩こうじ”の塩味がフルーツの甘みを引き立たせる、クセになる味わいに仕上げた。

■マンゴー・ア・ゴーゴー

 ジャンバの人気NO.1ドリンク「マンゴー・ア・ゴーゴー」も是非一度は味わってほしい一杯。パッションフルーツとマンゴーのジュース、パイナップル、マンゴーを使った上品な甘みと濃厚な風味が特徴で、まるでフルーツを食べているかのような飲み心地を体験できる。

■アップルグリーンズ

 栄養価豊富なケールを混ぜた「アップルグリーンズ」は、健康志向の人にぴったりな一杯。アップルとストロベリーのジュース、マンゴー、バナナ、ピーチとたくさんのフルーツをミックスして、すっきりと飲みやすく調整している。細かくクラッシュしたケールのつぶつぶ食感もポイントだ。

■スムージー片手に広い公園で一休み

 尚、「ミヤシタパーク」の期間限定店舗は、2020年に出店する常設店に先立ってのオープンとなる。「ミヤシタパーク」内の1,000平方メートルにも及ぶ広大な芝生ひろばで、緑に囲まれながらスムージーを堪能するのも楽しい。

■【詳細】

 ジャンバ ミヤシタパーク
オープン時期:2020年8月4日(火)
※ミヤシタパークはオープン後当面の間、事前予約制・入場制限を実施。
営業時間:11:00~21:00
場所:ミヤシタパーク 南地区 2F
住所:東京都渋谷区神宮前6-20-10
TEL:03-6427-3133

<メニュー例>※ジャンバ ミヤシタパークではスムージーのみの展開予定。
・ソライロ・コージ― S 550円+税、M 620円+税、L 670円+税
・マンゴー・ア・ゴーゴー S 500円+税、M 550円+税、L 600円+税
・ストロベリーズワイルド S 500円+税、M 550円+税、L 600円+税
・アップルグリーンズ S 550円+税、M 620円+税、L 670円+税

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース