トイレで動画広告を配信する実験 混雑状況や滞在時間も表示

2020年7月4日 10:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 ついにトイレの中にまで広告が。

バカンと東京建物がトイレの個室内に広告を配信するサービスの実証実験を開始するという。広告配信はバカンが展開している「AirKnock Ads」というシステムが使われる。トイレ個室の壁面に10インチタブレットが設置され、個室の利用が始まると約30秒の動画広告がいくつか再生されるそうだ。

トイレが混んでいるときは、動画の再生本数を制限し、外の混雑状況や個室滞在時間を表示するようになっているという。これにより、長時間滞在している人にプレッシャーを与えて自主的な退出を促すという感じらしい。

この実証実験は東京建物が運営する「中野セントラルパークサウス」で行われるとしている(プレスリリース[PDF]Impress Watch)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 通信 | 広告 | IT

 関連ストーリー:
NASA、2024年に月面で使うトイレの設計コンテストを開始 2020年06月28日
国際宇宙ステーションのトイレが秋に大幅アップデート。有人火星探査船用の試験も兼ねる 2020年06月18日
尿や便から健康状態をチェックするスマートトイレ、肛門認証機能も搭載 2020年04月08日
オーストラリアの新聞、切り取って使えるトイレットペーパーを紙面に印刷 2020年03月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング