ANAPは「大型受注」注目され後場一気に急伸し一時27%高

2020年7月2日 17:15

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■子会社ANAPラボのAI応用システム開発事業が総額2億円の案件

 ANAP<3189>(JQS)は7月2日、13時半頃から急速に値を戻し、一時1046円(5円高)をつけた。前引けの821円(220円安)からは27%高の急伸となった。13時30分、「大型受注のお知らせ」を発表し、注目集中となった。

 発表によると、子会社ANAPラボ(東京都港区)が人工知能(AI)の各種技術を応用したシステム開発の大型案件を受注した。

自己脂肪由来幹細胞のバンキング事業および自己脂肪由来幹細胞治療のための研究・開発に関する業務提携を6月に株式会社ASメディカルサポート(福岡市)と行い、受注したのは、このバンキング施設運営に関するシステム。受注総額は2億円とした。ANAPの連結売上高は19年8月期が62.6億円、営業利益は0.9億円だった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】タカラレーベンは反落も3Q好決算を手掛かりにバリュー株買いの再燃が有望(2020/01/31)
【株式評論家の視点】リックソフトは今2月期第3四半期業績は順調、日柄調整が進むか注目(2020/01/23)
【編集長の視点】CRGHDは2期ぶり最高業績を1Q決算で確認期待を高め3連騰(2020/02/05)
マクアケは20年9月期大幅増収増益予想で1Q順調(2020/02/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース