ANAP ストップ高買い気配、AIで人物画像切り抜くシステム開発/新興市場スナップショット

2020年6月23日 13:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:16JST <3189> ANAP 1033カ -
ストップ高買い気配。子会社のANAPラボ(東京都港区)がAIを活用して自動的に人物画像・動画を切り抜くシステム「Labpick」を開発したと発表している。ECサイトなどで使用する画像編集でのトリミング作業をAIで自動化し、作業効率を向上させ、人件費の削減につなげる。ネット通販大手のAmazonなどでは背景白抜き画像の提供が求められているとされ、業務効率化に貢献すると見込む。《US》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース