花粉を水に変えるマスクに根拠なし 消費者庁が販売会社に課徴金857万円

2020年6月23日 08:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

「花粉を水に変えるマスク」を販売していた企業が、857万円の課徴金の支払いを命じられた。該当製品は「花粉を水に変えるマスク +4 くもり止めつきマスク(ふつう)」「花粉を水に変えるマスク +4(ふつう)」「花粉を水に変えるマスク +4 くもり止めつきマスク(小さめ)」の3商品。

これらの製品は、ハイドロ銀チタンにより、アレルギーの原因物質や悪臭の原因となる物質を化学的に分解して水に変え、体内への吸収を防ぐとしていた。消費者庁は販売元であるDR.C医薬に対して、表示されている効果を示す資料の提示を求めたが、提出された資料に根拠となる情報はなかった模様。

消費者庁は販売元であるDR.C医薬に対し、2021年1月20日までに課徴金857万円を支払うことを命じている。なお、DR.C医薬は昨年、消費者庁から措置命令が出されており、これを受けてすでに表示を改めているとしている(Impress Watchテレビ東京)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | ビジネス | ニュース | サイエンス

 関連ストーリー:
消費者庁、「花粉を水に変えるマスク」をうたう製品に対し合理的な根拠がないとして措置命令を出す 2019年07月05日
「花粉を水に変えるマスク」の臨床試験結果、未だに公表されず 2019年04月03日
「花粉を水に変えるタオル」なるものも登場 2018年03月27日
「水に変えるマスク」は製品名なので問題ない? 2018年03月22日
「花粉を水に変えるマスク」に対し疑問の声多数、ニセ科学か? 2018年03月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード消費者庁花粉症

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース