ドン・キホーテ、公道走行可能な電動キックボード発売

2020年6月18日 19:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 FUGU INNOVATIONS JAPANは6月12日より、公道走行可能な電動キックボード「FG-ESR002-BK」をドン・キホーテ系列店舗にて販売開始した。価格は税別で39,800円(Engadget週刊アスキーForRide)。

 海外で普及している電動キックボードは、日本においては長らく道路交通法の関係で公道を走れなかったが、2018年頃からはクラウドファンディングという形で少数ながら公道走行可能を謳う製品が登場していた(過去記事)。しかしいずれも10万円近い製品で、海外でのような気軽な乗り物とは言い難い状況が続いていた。今回の機種は最大走行距離15kmで約4万円で量販店で広く販売されるということで、ついに一般にも手が届く製品となってきたかもしれない。

 ただし、道交法上は原付扱いであることに変わりは無いため、公道走行には引き続きナンバープレートの取得と自賠責保険への加入を行った上で、運転免許とヘルメットの着用が必須である。こちらも規制緩和に向けた動きが上がっているが、免許不要となるまでにはまだ数年はかかりそうである(過去記事)。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
コロナ感染拡大によってシェアビジネスに影響、多数の自転車や電動スクーターが破棄される 2020年06月08日
政府、電動キックボードの規制緩和を検討 2019年10月23日
埼玉県・浦和美園駅で国内初となる電動キックボードのシェアリング実証試験 2019年06月24日
公道を走れる電動折り畳みキックボード風電動スクーター 2017年11月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクラウドファンディングドン・キホーテ

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース