三菱電機、価格競争激化で液晶事業から撤退へ

2020年6月17日 17:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 三菱電機が液晶事業から撤退すると発表した。同社は現在、産業用や車載用の中小型TFT液晶モジュールを中心に生産しているが、他社との価格競争が想定以上に激化、競争力の確保が難しくなってきたことから撤退を決めた模様。

 完全子会社であるメルコ・ディスプレイ・テクノロジー(MDTI)での液晶生産は2022年6月ごろに終了しその後、MDTIは清算する方向だとしている(レスポンス共同通信)。

 スラドのコメントを読む | テレビ

 関連ストーリー:
くら寿司の席の注文用端末、Raspberry Pi 4に移行中か 2020年05月30日
三菱電機へのサイバー攻撃とそれによる情報漏洩、発覚したきっかけは不審な「Chrome.exe」 2020年05月08日
国産防衛装備品の海外輸出が実現 2020年03月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード三菱電機

関連記事

広告