インドで「中国製アプリ検出するアプリ」が人気に Play Storeからは削除

2020年6月6日 20:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 インドでリリースされたAndroid向けアプリ「Remove China Apps」は10日間で100万ダウンロードを達成したものの、その後Googleが同アプリをPlay Storeから削除した。理由は、「虚偽の振る舞いに関するポリシー」に違反していたため(TechCrunch続報)。

 このアプリは、端末内にインストールしたアプリを調べ、その中に中国企業が開発したものがあれば報告するというもの。ただし、その結果が正しいという保証はないという。

 今回問題となった「虚偽の振る舞いに関するポリシー」には「サードパーティアプリの削除や無効化をユーザーにそそのかしてはならない」という項目があり、これが問題とされたようだ。

 中国とインドの関係は最近悪化しており、インド国民の対中国感情も悪化していることが、このアプリが注目を浴びた理由のようだ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | ニュース | Android

 関連ストーリー:
インド軍と中国軍、国境で殴り合う 2020年05月12日
インド国内で中国製アプリのシェアが低下。同国製アプリがシェアトップに 2019年12月28日
インド、人気動画共有アプリ「TikTok」のダウンロードを禁止 2019年04月24日
中国のIT企業、インドのスマホアプリ市場に参入しシェアを獲得 2019年01月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国GoogleAndroidインド

関連記事

広告

財経アクセスランキング