東京金概況:上昇、良好な市場心理を映し伸び悩み

2020年6月5日 16:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:40JST 東京金概況:上昇、良好な市場心理を映し伸び悩み
TOCOM金 21年4月限・日中取引終値:5993円(前日日中取引終値↑28円)

・推移レンジ:高値6019円-安値5990円

5日の東京商品取引所(TOCOM)金先物(期先:21年4月限)は上昇した。昨日までの4日間で800円を超す上昇となった反動で、日経平均株価は82円安で始まり、安全資産とされる金先物は上昇して始まった。ただ、今晩発表の5月の米雇用統計への期待もあり市場心理が弱気に傾くことはなく、日経平均の下げ幅は限定的。後場はプラスに転じ上げ幅を広げた。良好な市場心理を映し、金先物は次第に伸び悩む展開となった。《YN》

広告