アンユーズド、2020-21年秋冬ウィメンズ&メンズコレクション

2020年6月3日 19:33

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 アンユーズド(UNUSED)は、2020-21年秋冬ウィメンズ&メンズコレクションを発表した。

■ポップな遊び心をプラス

 軽やかな色使いと抜け感のあるシルエットに加え、ポップさが随所にちりばめられている今シーズン。ブラックとホワイトのストライプカーディガンには、イギリスのアーティスト・T-BONE FLETCHERが手がけたクマのアートワークプリントのフーディーを重ねてアイキャッチなコーディネートに。

 リジッドなグレーデニムのセットアップには、バイクやチェッカーフラッグ、ヘルメットなどを描いたハンドニットのカウチンセーターを羽織り、ワークな佇まいにプレイフルなアクセントをプラスした。また、オレンジの撥水コートに重ねたチェックシャツは、柄が斜めに歪んで見えるのがポイント。プリント地ならではの遊び心を効かせている。

■着方を変えて楽しめる仕掛け

 また、ユニークなデザインのウェアも目を引く。スナップボタンで表情を変えられるグリーン×ライトブルーのスエードバイカラージャケットや、前後にボタンを配したミントグリーンのシャツなど、着方によってガラリと表情を変えるデザインが印象的だ。尚、スエードのジャケットは上部と下部が取り外し可能で、様々なカラーの組み合わせを楽しむこともできる。

■レトロ・ヴィンテージな佇まい

 肩幅を大きく撮ったウールギャバジンのテーラードジャケットやタックパンツ、蛍光のライムグリーンのシャツに重ねたハウンドトゥースのステンカラーコートなど、レトロなムードのウェアが散見された。バイオウォッシュ加工を施したデニムコートは、長く親しんできたかのような質感が魅力。ゆったりとした仕立てと、コーデュロイで切り替えた襟がより一層ヴィンテージ感を強めている。

 褪せたような色味のくすみピンクや温かみのあるブラウンに彩られたブルゾンやパンツは、ハリのある素材だからこそ生まれる程良いシワがワークの雰囲気を漂わせつつ、柔らかな表情を見せている。

■パラブーツのシューズやディッキーズのパンツなど別注アイテム

 今シーズンは、パラブーツ(Paraboot)「ヨセミテ」の別注マウンテンシューズが登場。モスグリーンのスエードアッパーに、ベージュ、レッド、ブラックのシューレースが付属されている。その他にも、バズリクソンズ(BUZZ RICKSON'S)別注のミリタリーベストや、ディッキーズ(Dickies)別注パンツも展開される。

 また、ニウク(NÏUKU)別注アウターは、やわらかくラフな雰囲気のモッサコート。深みのあるグリーンのウール地で仕立てたコートの縫い代には、オレンジのパイピングが施されている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードアンユーズド(UNUSED)

広告