ライフ RSS

 

がん免疫治療薬「オプジーボ」、「原発不明がん」に有効なことが確認

2020年6月2日 18:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 がんにおいては、最初にがん細胞が発生した場所とは違う場所に移動し、そこでがん細胞が増えていく「転移」が発生することが知られている。そして、転移した状態で見つかったために最初にがん細胞が生まれた臓器が分からないがんを「原発不明がん」と呼ぶが、この原発不明がんにがんの免疫治療薬である「オプジーボ」が有効であることが分かったという(共同通信日経新聞)。

 原発不明がんはがん全体の2~5%を占め、すでに転移する状況にまでがんの進行が進んだ状態で見つかることが多いことから、診断から5年後の生存率は2~6%と低い。しかし、オプジーボを投与した臨床試験では、投与対象45人中10人でがんの面積が半分以下になるという結果が確認できたそうだ。

 オプジーボは生物の免疫機構を使った治療法に向けた薬だが、その薬価の高さも過去に話題になっていた

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
「超高額」な新薬、続々と登場 2018年10月30日
2018年のノーベル医学・生理学賞、がんの新たな治療法を発見した米国と日本の2氏が共同受賞 2018年10月02日
オプジーボ競合薬のキイトルーダ、薬価が決まるまで条件付きで無償提供へ 2016年12月21日
高額ながん治療薬「オプジーボ」、国の財政圧迫を理由に緊急値下げへ 2016年11月12日
免疫療法を使ったがんの新薬、抗PD-1抗体「オプジーボ」発売 2014年10月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードがん

広告