Windows 10 May 2020 Update、OSの機能としてのCortanaが削除

2020年6月2日 18:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 5月28日にWindows 10 May 2020 Updateの一般提供が開始されたが、この新バージョンで削除・非推奨となる機能も発表されている(窓の杜)。

 削除された機能はCortana、Windows To Go、Mobile Plans and Messaging appsの3つ。また、開発が終了した機能としてCompanion Device Framework、Microsoft Edge(EdgeHTMLベースの旧バージョン)、Dynamic Disksが挙げられている。

 なお、 CortanaについてはOSの一部としての提供は終了したが、単体アプリとして今後も提供が続けられる。

 スラドのコメントを読む | Windows

 関連ストーリー:
Windows 10 May 2020 Update、「メモリ整合性」の有効化と特定のディスプレイドライバーの組み合わせでインストールできない問題 2020年05月31日
Windows 10 May 2020 Update、一般提供開始 2020年05月28日
国税庁のe-Taxサイト、Google ChromeとChromium版Microsoft Edgeの対応を開始 2020年05月27日
Windows 10 バージョン2004、32ビット版はプリインストール不可に 2020年05月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Microsoft EdgeCortana

広告

広告

写真で見るニュース

  • TORANOTECによる発表の様子。(TORANOTECの発表資料より)
  • マツダ100th Anniv.カフェタンブラー(画像: MZRacingの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「マグネター」のイメージ。(c) CSIRO
  • (c) 123rf
  • (c) 123rf
  • 室内で新型コロナウイルスを含んだ飛沫核が移動する様子(上)と換気によって飛沫核の拡散が防げる様子(下)(画像:クイーンズランド工科大学の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース