ルノー、カングーイラスト付きのマカロンをピエール・エルメ・パリで限定販売

2020年6月1日 07:04

小

中

大

印刷

カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)

カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ルノー・ジャポンは5月29日、ルノー カングーのイラスト入りマカロン詰合わせを50セット限定で発売した。今回の販売は、『MACARON DAY マカロンデー』への協力とカングー ジャンボリー ONLINE 2020の開催に合わせたものとなる。

【こちらも】フェラーリのPHV「SF90ストラダーレ」が短編映画に F1選手のドライブシーンも

 「マカロンデー × ルノー スペシャルパッケージ」として発売された商品は、2,916円(税込)の価格で6月21日までの販売であったが、既にピエール・エルメ・パリの販売サイトでは在庫がなくなっている。

■『MACARON DAY マカロンデー』とは

 ピエール・エルメ・パリが開催している『MACARON DAY マカロンデー』は、パリ出身の世界的なパティシエであるピエール・エルメが15年前に自身のブティックで始めた活動で、難病と闘う子どもたちのための寄付を募るチャリティーイベントである。

 現在では、洋菓子職人協会ルレ・デセールに所属している会員なども参加する大きなイベントとなっており、フランスでは毎年春分の日に開催されている。

 日本では昨年に引き続き、夏至の日である6月21日を『MACARON DAY マカロンデー』と定めて活動しており、5月27日~6月30日の間、限定商品の販売や、限定イベントなどが行われる。売り上げの一部や集まった寄付金は、「難病のこども支援全国ネットワーク」を通して医療、福祉向上のために寄付される。

 ルノーでは、毎年開催されているルノー カングー ジャンボリーでこのチャリティーイベントに協力をしている。

■カングー ジャンボリー ONLINE 2020

 2020年は、新型コロナウイルスの影響により、山中湖交流プラザ きららで開催されているカングー ジャンボリーは中止となり、オンラインで「カングー ジャンボリー From Home!」をテーマに開催。TwitterやInstagramでカングーへのあふれんばかりの愛を写真として投稿し、シェアするイベントになっている。

 クラウドファンディングのCAMPFIREではオフィシャルTシャツの制作プロジェクトも行われており、一口3,000円で出資することができる。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワードルノーカングー

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • TORANOTECによる発表の様子。(TORANOTECの発表資料より)
  • マツダ100th Anniv.カフェタンブラー(画像: MZRacingの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「マグネター」のイメージ。(c) CSIRO
  • (c) 123rf
  • (c) 123rf
  • 室内で新型コロナウイルスを含んだ飛沫核が移動する様子(上)と換気によって飛沫核の拡散が防げる様子(下)(画像:クイーンズランド工科大学の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース