東北大学やサントリーも押印を廃止へ

2020年5月30日 20:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 東北大学が学内の全ての手続きで押印を廃止し、完全にオンラインする事を決めたそうだ(朝日新聞)。

 約1600人の事務系職員全員が既にテレワーク可能となっており、電子決済システムを導入し、今年末までに業務全体をオンライン化する事で、100以上の業務で押印不要となり、年間約8万時間の作業時間削減するようだ。学生からの手続きや相談もオンライン化するらしい。

 また、サントリーも電子決済を導入し押印を廃止することを決めたと報じられている(NHK)。まずは来月中旬からグループ会社で押印を廃止するという。

 書類や押印がリモートワークの導入を妨げるという話は以前より議論になっており、そのためすでにGMOインターネットヤフーが紙の契約書や押印の廃止を進めている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | IT

 関連ストーリー:
ヤフー、民間取引先との契約時の署名をすべて電子化する方針 2020年05月20日
中小企業社員の64%がテレワーク禁止。また、テレワーク可能でも過半数が定期的に出社 2020年05月01日
経団連会長曰く「はんこはナンセンスで、デジタルの時代にあわない」 2020年04月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東北大学サントリーGMO