巨大IT企業に対する規制を行う法律、可決・成立

2020年5月28日 18:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 政府が大手IT企業に対する規制を検討していることは以前より報じられているが(過去記事)、このたびこの規制を行うための法律が参議院で可決、成立した(共同通信日経新聞NHK)。

 この法律は「特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律」という名称。法律案によると、ネットを通じて商品等の提供者と消費者を繋ぐ市場やストアを提供している特定企業に対し、取引条件等の開示や適切・公平な対応を行うための体制の整備、運営状況の監視と報告などを求めるという内容になっている。

 こういった市場やストアを提供している企業の中でも特に利用者への影響が大きい、もしくは利用者が多い、売上規模が大きい企業が対象で、まずはAmazon.comや楽天、Apple、Google、ヤフーなどが本法律による規制対象となるようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 日本 | ビジネス | インターネット

 関連ストーリー:
巨大IT企業への規制、政府への毎年の状況報告義務付けという内容に 2020年02月01日
米政府、日米協定にGAFAなどの巨大ITの訴訟回避条項を入れる 2019年10月11日
楽天に対し独禁法違反(優越的地位の乱用)の疑いで立ち入り検査 2020年02月10日
公取委「楽天トラベル」「Booking.com」「Expedia」の3社を独禁法違反で調査 2019年04月11日
公正取引委員会、Amazonとヤフー、楽天、Google、Amazonに対する調査を開始 2019年02月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleApple楽天Amazon