Apple Store、営業再開に向けたガイドラインまとめる

2020年5月22日 19:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 AppleがApple Storeの営業再開方針についてガイドラインをまとめた。Appleがまとめたガイドラインによれば、顧客は店に入る前に温度チェックを行い、マスクを着用する必要がある。来店者がマスクを持っていない場合は、Appleがマスクを提供するとしている。咳などのCovid-19とおぼしき症状があるかどうかについてもスクリーニングされ、同時には入れる入店人数についても制限されるようだ。接客についても一対一の個別対応が基本となるという。

 現地時間5月17日の時点で、全世界に510店舗あるApple Storeのうち、99店舗のみが営業中となっている。営業再開に際しては地域の状況、短期および長期の動向、各国・地域の保健行政機関の指針を踏まえて決定していくとしている。米国では5月18日から25店舗の直営店が営業再開するという。

 日本ではApple直営ストアがある都府県の多くで緊急事態宣言がまだ解除されておらず、一時休業が続いている。各ストアの再開や営業時間に関する最新情報は、Appleのサイトの「お近くのApple Store」ページで確認できるとのこと(CNBCマイナビiPhone ManiaSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | アップル

 関連ストーリー:
Apple Store、中華圏以外の全店舗を27日まで臨時休業 2020年03月15日
中国のApple Store、北京や上海で一部営業再開 2020年02月18日
米司法省、AppleのApp Storeに対し調査へ。競合を排除する行為の疑い 2020年02月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleiPhone

関連記事

広告