雇用調整助成金申請システムで他人の個人情報閲覧可能に、一時停止

2020年5月22日 08:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 maia曰く、

 20日正午に始まったた雇用調整助成金のオンライン申請システムにおいて、申請者が他人の個人情報を閲覧できる場合が確認された。そのためオンライン申請の受け付けが一時停止される事態となっている(厚生労働省による発表ITmedia産経新聞NHK)。

 オンライン申請は、メールアドレスと携帯電話番号を登録した上で行う仕組みだった。

 サイト上で他人の氏名や電話番号、メールアドレスなどが閲覧できる状態になっていたという。なお、申請は郵送もしくは窓口への書類提出でも可能となっている。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ニュース | 政府

 関連ストーリー:
米国では新型コロナ関連の経済対策として通信回線費用の支援などが行われている 2020年05月19日
シャープのマスク販売サイトがアクセス殺到でダウン、その影響で同社のIoT家電でも不具合が発生 2020年04月21日
国税庁のシステムでもシステム障害 2019年12月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード厚生労働省

関連記事