【特集】自己株式取得に踏み出したプラスαのある注目銘柄

2020年5月18日 09:18

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 今週の当特集では、自己株式取得に踏み出した銘柄に注目することとした。なかでも自己株式取得にプラスアルファ(プラスα)があり、投資採算的にも割安な銘柄には選別物色高を期待したい。このプラスαは、増配、自己株式消却、業績上方修正、新規設備投資などバラエティに富んでおり、押し上げ効果も大きそうだ。

■増配を同時発表の銘柄には金価格関連株、1部再昇格目指すストーリー株も

 自己株式取得に増配をオンさせ敢えて資金の社外流出を選択した割安株をコード番号順に上げるとシイエム・シイ<2185>(JQS)、日本パーカライジング<4095>(東1)、アイチコーポレーション<6345>(東1)、松田産業<7456>(東1)、あかつき本社<8737>(東2)、平和不動産<8803>(東1)となる。このうち松田産業は、前2020年3月期業績を期中に2回も上方修正し、今期予想を未定としたが、配当だけは年間36円ヘ連続増配とはっきりとガイダンスした。金先物価格の上昇が貴金属リサイクル事業にプラスに働く時流性もポジティブに作用しよう。

 今2021年3月期業績予想を未定として実績PERが16倍台とやや割高な中国工業<5974>(東2)にはストーリー性がある。自己株式取得とともに株主優待制度の導入、さらに前2020年3月期に創立70周年の記念配当を上乗せした年間15円の増配を同時発表し、この年間15円配当だけは2021年3月期も継続することを公表している。実は同社は、昨年11月に時価総額が東証第2部指定替え基準の20億円に未達となり、東証第1部から第2部へ降格され、第1部への早期再昇格を目指しており、株価上昇へのモチベーションは当然高まる方向にある。

■取得後に自己株式を消却し業績上方修正銘柄も加わりバラエティ

 自己株式取得と自己株式消却を同時発表した割安株は、積水ハウス<1928>(東1)、ソディック<6143>(東1)、オオバ<9765>(東1)で、業績の上方修正とともに自己株式取得を発表した割安株は、川田テクノロジーズ<3443>(東1)、岡野バルブ製造<6492>(東2)となる。

 また自己株式取得と積極的な設備投資をダブルに発表したプラスアルファ株には、丸和運輸機関<9090>(東1)がある。新物流センターの建設用地を約76億円で取得し、建築費用も含め総投資額400億円で新物流拠点を建設する。「巣ごもり消費」の宅配便関連株として時流性もあり、PERは35倍と割高だが、この資金の社外流出は前向きに株価に反映されるはずである。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】メドレーは続落も初決算に期待を高めて直近IPO株買いが再燃余地(2020/01/23)
ヒーハイスト精工は調整一巡、21年3月期収益回復期待(2020/02/18)
Delta-Fly Pharmaは新規抗がん剤創薬ベンチャー(2020/02/18)
【編集長の視点】ランサーズは上場来高値を射程圏、借入金返済を手掛かりに直近IPO株買いが増勢(2020/01/24)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告