NTT東とIPAなどが「シン・テレワークシステム」を開発、無償提供

2020年4月22日 20:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 NTT東日本と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が、無償のVPNサービス「シン・テレワークシステム」を開発し提供を開始した(NTT東の発表ITmedia)。

 接続先のPCに専用のサーバーソフトウェアをインストールしておくことで、専用クライアントをインストールしたPCからサーバーソフトウェアをインストールしたPCの操作ができるようになるというもの。対応OSはWindows XP以降、Windows Server 2003以降。サーバーソフトウェアをインストールしたPCへは「分散型クラウドゲートウェイ中継システム」という中継装置を経由して接続するため、サーバーソフトウェアをインストールしたPCにグローバルIPアドレスが割り当てられていない場合でも利用できるという。

 このシステムはNTT東やIPAのほか、筑波大学やKADOKAWA Connected、ソフトイーサなどの協力で構築されているとのこと。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | ソフトウェア | ネットワーク

 関連ストーリー:
Cloudflare、VPNサービス「WARP」のWindowsおよびmacOS向けクライアントベータ版をリリース 2020年04月07日
iOSでVPN利用時、一部の通信がVPNをバイパスする脆弱性 2020年03月29日
中国で合法的にグレートファイアウォールを越えられるとうたうブラウザが登場、しかし2日後には消える 2019年12月27日
海外でソフトイーサのVPNサービスが話題に 2013年03月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindows XP筑波大学

広告