改正防衛省設置法が成立、年度内の宇宙作戦隊発足が決まる

2020年4月22日 08:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 「宇宙作戦隊」の新設などが盛り込まれた改正防衛省設置法が可決・成立した。これを受け、2020年度中に宇宙作戦隊が発足する(時事通信sorae)。

 宇宙作戦隊は航空自衛隊府中基地内に設置され、まずは20人規模で発足し、JAXAや米宇宙軍との調整、人材育成などを行うという。具体的な活動内容としては宇宙ごみ(デブリ)や不審な衛星の監視になるようだ。

 なお、「宇宙作戦隊」という名称については、河野防衛大臣が変更することも視野に入れて検討するとしていた(毎日新聞)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 日本 | 軍事 | インターネット

 関連ストーリー:
政府、空自の「航空宇宙自衛隊」への改称を検討 2020年01月06日
防衛省、「宇宙作戦隊」を新設へ 2019年08月24日
米宇宙軍のロゴマーク、「スター・トレック」に登場する宇宙艦隊のロゴマークにそっくりと話題 2020年01月27日
米宇宙軍の戦闘服、迷彩柄に注目が集まる 2020年01月22日
米国宇宙軍の初仕事はSpaceXのStarlink衛星打ち上げの監督業務 2020年01月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省航空自衛隊宇宙航空研究開発機構(JAXA)