ベイクルーズ社員が“愛用ウェア”を放出、リユースショップ「サーキュラブル サプライ」下北沢に

2020年4月11日 09:58

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)、イエナ(IENA)、エディフィス(EDIFICE)などを展開するベイクルーズグループ初のリユースショップ「サーキュラブル サプライ(CIRCULABLE SUPPLY)」が、2020年4月7日(火)、東京・下北沢に期間限定オープン。

 「サーキュラブル サプライ」は、古着カルチャーが根付く下北沢で、ベイクルーズの社員が所有していたファッションアイテムをリユースして販売する新業態店舗。2019年に4都市で開催した「ベイクルーズ フェスティバル 2019」にて、ベイクルーズ社員の私物を放出したフリーマーケットが行列を作るほどの人気を博したことを受けて誕生した。

 下北沢の「サーキュラブル サプライ」では、社員が私物として愛用していたベイクルーズグループのメンズ&ウィメンズアイテムをリユースして販売。ウェアだけでなく、バッグやシューズなども取り揃える。

 店内のインテリアやショッピングバッグなども、ベイクルーズグループの既存ショップやオフィスで使用されていたものを再利用し、サスティナブルな視点で営業していく。また、今回は約3か月の期間限定でテストオープンするが、将来的には顧客からの買取りや多店舗展開も視野に入れているという。

【詳細】
サーキュラブル サプライ(CIRCULABLE SUPPLY)
テストオープン期間:2020年4月7日(火)~約3か月を予定
住所:東京都世田谷区北沢2-30-3
営業時間:11:00~19:00 ※不定休

【問い合わせ先】
カスタマーサポートセンター
TEL:0120-301-457(土日祝日、年末年始を除く10:00~17:00)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードベイクルーズグループ下北沢

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース