マニー 続伸、世界的な売上減少で業績下方修正もあく抜け感優勢に

2020年4月8日 14:02

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:02JST マニー---続伸、世界的な売上減少で業績下方修正もあく抜け感優勢に
マニー<7730>は続伸。前日に上半期の決算を発表している。営業利益は27.8億円で前年同期比4.3%減益、従来予想の29.4億円を下振れる着地に。また、通期予想は従来の63億円から37.8億円に減額修正している。新型コロナウイルス感染拡大の影響による世界的な売上減少が業績下振れの背景に。同ウイルスによる売上への影響額は30億円程度と見込んでいるようだ。ただ、欧州などを中心に売上の下振れは大方織り込まれていたようで、あく抜け期待も先行へ。《HH》

広告

財経アクセスランキング