国際 RSS

 

コロナ感染拡大でひよこが人気 米国で

2020年4月1日 19:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米国でもコロナウイルスによる新型肺炎(COVID-19)の感染者が増えているが、その影響でひよこが大人気になっているという(ニューズウィーク日本版)。

 米国では一般的な行事である復活祭(イースター、2020年の開催日はは4月12日もしくは19日)では、ひよこが復活の象徴の1つとなっており、例年その季節はひよこが人気になるそうだが、今年は例年と比べてその傾向が著しく、とある農業用品のひよこの売れ行きは昨年3月と比べて2倍だという。

 理由としては、コロナウイルスの感染拡大によって仕事が減った・なくなった人や外出できない人たちがひよこを買い始めたことがあるようだ。

 スラドのコメントを読む | 変なモノ | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
鶏の有精卵にレーザーを当て雌雄を見分ける技術が開発される 2016年12月20日
ひよこに簡単な計算能力が存在? 2009年05月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカイースター