国際 RSS

 

米国で不特定多数が触れる設備を舐める人が続出、トラブルに

2020年3月31日 18:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日本では新型コロナウイルス感染者だと詐称して逮捕される事件が相次いで発生しているが、米国では不特定多数が触れるような設備を舐めてトラブルになる事件が相次いでいるという。

 米ミズーリ州ではスーパーマーケットのウォルマート店内で商品を舐める様子を動画で撮影し、「誰がコロナウイルスを恐れているんだ?」というコメントと共にその動画をネットで公開した男性がテロ容疑で逮捕された(Riverfront Times)。

 また、米ウィスコンシン州でも「コロナウイルスへの抗議」として53歳女性が日用品店の冷蔵庫のハンドルを舐めるトラブルが発生したそうだ(Newsweek)。

 これ以外にも、地下鉄の手すりや便器などを舐める様子をSNSなどに投稿する人も登場、批判を浴びている(MailOnlineSun)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 犯罪 | インターネット | SNS

 関連ストーリー:
新型コロナウイルス感染者だと詐称して逮捕される事件が相次ぐ 2020年03月18日
コロナウイルス騒動を受けて米国民の38%は「今はコロナビールを買わない」と考えている 2020年03月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ新型コロナウイルス

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース