NY原油:大幅反落で22.60ドル、世界の石油需要は急速に後退

2020年3月27日 07:34

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:34JST NY原油:大幅反落で22.60ドル、世界の石油需要は急速に後退
NY原油先物5月限は大幅反落(NYMEX原油5月限終値:22.60 ↓1.89)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は、前営業日比-1.89ドルの1バレル=22.60ドルで取引を終えた。取引レンジは22.38ドル−24.65ドル。原油需要の増加は当面期待できないこと、米国は戦略備蓄増強のための国産原油の購入提示を見送ったことが嫌気されたようだ。報道によると、国際エネルギー機関(IEA)のビロル事務局長は、世界の石油需要は急速に後退し、悪化に歯止めがかからない状態との見方を示している。《CS》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース