横浜市が新設した橋、桁が低くて観光船がくぐれず

2020年3月25日 07:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 横浜・みなとみらい地区の運河に建設中の「女神橋」の影響で、観光船が運河を通れなくなる事態になっているという(神奈川新聞)。

 女神橋は今年7月の完成を予定している歩行者デッキ。今月18日に架設されたが、その後観光船が桁下の高さが不足していて通行できないことに気付いたという。

 この運河には国際橋という橋が設置されており、そちらには「桁下高3.5メートル」との記載があったため、女神橋はそれを基準に設計を行ったそうだが、国際橋の桁下高は実際には4.2mだったため、観光船が運河を通れなくなる状況になってしまったそうだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 政府 | 交通

 関連ストーリー:
水陸両用バスが大阪で初営業運行へ 2007年06月15日
横浜市、定型業務をRPAで平均85%時短 2019年03月25日
川崎市が発注した監視船、重すぎて予定の速度が出せず納品できない状況に 2018年01月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード横浜

広告