ホンダ、レジャーに特化した原付二種の新型「CT125・ハンターカブ」発表

2020年3月22日 18:57

小

中

大

印刷

「CT125・ハンターカブ」グローイングレッド(画像: 本田技研工業発表資料より)

「CT125・ハンターカブ」グローイングレッド(画像: 本田技研工業発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • マットフレスコブラウン(画像: 本田技研工業発表資料より)

 ホンダは20日、スーパーカブC125をベースに、ツーリングやアウトドアレジャーなどに適した新型の原付二種、CT125・ハンターカブを6月26日より発売すると発表した。メーカー希望小売価格は44万円(消費税込み)、年間販売計画台数は8,000台。

【こちらも】郵便配達は「クリーンで静か」な電動バイクで、日本郵便とホンダ正式発表

■コンセプトは「自然をゆったり楽しむ、トレッキングCub」

  コンセプトを実現するため、車体、パワーユニット、スタイリング、電装やその他の装備に関して各開発目標を設定した。

■行動範囲をひろげるCT車体諸元

 車体のパッケージングはスーパーカブ共通としながらも、ホイールベースは1255mmと10mm延長し、シート高を800mmと20mm高くすることで、景色や見晴らしを楽しめるライディングポジションとした。また、CTの特徴でもあるハイマウント吸気ダクトやアップマフラー、アンダーガードなどを採用することで、トレッキング性能も向上している。

 足回りにはトップブリッジとテレスコピック式フロントフォークを採用し、巡航時やコーナリングの安心感を高めた。ブレーキは前後ともにディスクブレーキを採用し、1チャンネルABSも併せて標準装備とした。

■トレッキング&ゆったりツーリングを楽しめる出力特性

 エンジンのベースはタイのWave125(4速125cc)で、JA55E・空冷4ストローク OHC 単気筒。始動方法はセル/キック併用式を採用した。エンジン始動方法はベテランユーザーから多く要望があった方式にしたという。出力特性は登坂路や市街地でのキビキビとした走りを想定し、低中速域にしっかりと力を発揮できるようにチューニングしている。

■都会からフィールドまで映える、タフ&モダンスタイル

 カラーリングはグローイングレッドとマットフレスコブラウンを採用し、かつてのCTをほうふつとさせるドロップシャドウHONDAマークを左右のメインパイプカバーに配した。また各部品を過度に一体化しない造形を採用したことで、現代的なスタイルとタフさを両立させた。

■「現代の生活スタイル」との調和、+αのキャパシティ

 灯火類にはすべてLEDを採用し、耐久性と省電力化をはかった。また、CTの特徴の一つでもある四角の大面積ウインカーも再現されている。ツーリングやアウトドアには多くの荷物が必要になる場合もあるため、大型のリアキャリアを採用した。フューエルタンクは5.3LでスーパーカブC125と比べて航続距離も向上させている。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワード本田技研工業二輪車(バイク)原付(原動機付自転車)スーパーカブ

広告