Microsoft 365の重要性の低い機能、一時的にパフォーマンスを調整

2020年3月20日 20:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

MicrosoftがMicrosoft 365ユーザーに対し、重要性の低い機能のパフォーマンスを一時的に調整する(絞る)と通知しているそうだ(On MSFTの記事Softpediaの記事Reddit投稿)。

この措置は前例のない事態(COVID-19の感染拡大)でユーザー数や需要が増加していることに対応するものだという。調整の例としては、他のユーザーによるドキュメントへのアクセスをチェックする頻度や、動画の解像度(の低下)といったものが挙げられている。Microsoftでは調整によるエンドユーザーエクスペリエンスへの大きな影響はないと考えているようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | マイクロソフト | ソフトウェア | 医療 | IT

 関連ストーリー:
新型コロナウイルスの影響で平日昼のネットトラフィックが増加 2020年03月16日
デジタルアシスタントCortana、Microsoft 365 アシスタントに改名か 2020年03月08日
中国、COVID-19流行でタブレットPCの需要が増加 2020年02月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftMicrosoft 365

関連記事

広告